SSブログ
前の5件 | -

HONDA ホンダ ヴェゼル RU1 はじめました [ヴェゼル]

so20210110-2.jpg


HONDA VEZEL RS RU1 ホンダ ヴェゼル RS・Honda SENSING ガソリン車 


2020年9月末
我が家のメインカーとしてホンダのヴェゼルが納車されました。
ちなみに、2021年2月に2代目となる新型ヴェゼルが発表されます。
早々に先代モデルになることは承知の上での購入でした。

今回の買い替えは首都圏の高速道路を使用する頻度が多くなったため、
軽自動車から普通車に変えるのが大きな目的でした。

ヴェゼル、登場してから7年経過の末期モデル。
街中でウジャウジャ走っています。

発売当初、日本車でDCTとハイブリットの組み合わせに興味を持って早々に試乗しました。
・・・ドライブフィーリングの違和感半端なかった。
乗り心地もただただ固い!という印象しかありませんでした。
内外装のデザインは気に入りましたが、購入は考えられませんでした。

そして、7年たって超熟成されたはずのヴェゼル。
ハイブリットモデルは多少自然にはなっていますが、個人的には苦手ですね。
乗り心地もだいぶ改良されてマイルド方向に変わっています。
いずれにしても基本設計は7年前のモデルですから・・・・

購入したグレードはガソリン車のRS。FFモデルです。
1500㏄のNAエンジン。
ガソリン車には1500㏄のターボモデルのツーリングもあります。
NAエンジンは非力ですが特別不満はなく、なによりも外観デザインがRSの方が好みでした。
※リアのRSの赤いエンブレムは納車してすぐに取り外しました。

CVTの制御は本当に良く出来ていると思います。
下手な制御のトルコンATよりもスムースにストレスなく走らせることが出来ます。
特にRSモデルはパドルシフト付きなので減速時に思い通りの速度調整が出来て快適です。

末期モデルということもあり、値引きも車両価格の1割強ありました。
すぐに型落ちになるので妥当な値引きかと・・・
ボディーカラーはリセールも考えるならブラックがいいと担当営業マンの勧めで決めました。

今回、ヴェゼル以外の購入候補。

フィット、ヤリス、ヤリスクロス、RAV4、マツダ3、マツダCX30
全て、2021年1月時点で新車購入可能な現行モデルです。

我が家基準、我が家基準、我が家基準での落選理由です。

◎フィット
クロスターモデルにレザーハンドルの設定が無いのが残念。
※年次改良で装備面で変更があれば次期愛車候補になると思う。

◎ヤリス
内装が非常に残念。乗った感じが薄っぺらい鉄板に乗っている感じが残念。

◎ヤリスクロス
内装が非常に残念。フロントの外観デザインが何となく残念。

◎RAV4
やっぱりデカイ。試乗してみてもデカイ。

◎マツダ3
デザインは気に入ったけどなんとなく購入出来ない。・・・理由になってない。

◎マツダCX30
デザインは気に入ったけどなんとなく購入出来ない。・・・理由になってない。

我が家では最近、車選びが大変難しくなってきています。
色々な車を見に行っても、試乗しても、いまいちピンとこない・・
見た目だけでも欲しいと思える車、運転してみたら欲しいと思える車、
本当に欲しい!と強く思える車に出会っていません。
・・・正確に言うと予算内で欲しいと思える車に出会えません。

車両価格だけで考えると輸入車も購入候補に数台入るのですが、
維持費等も含めたトータル的な予算を考えると輸入車は諦めるしかありませんでした。
我が家のメインカー選び、消去法になっているのが非常に残念です。

ヴェゼルには、これから我が家のメインカーとして頑張ってもらいましょう。


so20210110-1.jpg






nice!(2) 
共通テーマ:自動車

HONDA ホンダ N-BOX 日本一売れている車 売却 [N-BOX JF3]

so20201203-1.jpg


HONDA ホンダ N-BOX JF3
2019年モデル G L ターボ ホンダセンシング カッパーブラウンスタイル
売却しました。

1年8ヶ月、22,000キロ乗りました。

下取り売却金額は新車車両価格の65%でした。

N-BOXは非常に売れている軽自動車ということでしたが、実際所有してみて、
なるほど、売れている理由がよく分かりました。
車両価格が高いと言われることもあるようですが、非常に満足度の高い車でした。

全てにおいて、昔の軽自動車とは雲泥の違いがありますね。
以前、軽自動車を所有していたのは30年前くらい前ですけど・・

内装の質感が特に向上していて普通車のベーシックモデルと変わりませんね。
収納スペース、ドリンクホルダー、スマホの充電装備も使いやすい位置にレイアウトされていて
本当に使い勝手がいい。住めるね。
シートは小ぶりですが座面は厚く、座り心地もよい。
スーパーハイトワゴンは室内空間も広々としていてストレスフリーです。
後席は広々、狭い駐車場でもドアパンチ気にせず乗り降りが楽な両側電動スライドドア。
唯一の欠点?は妻が助手席に座ってくれなくなりました。


so20201203-2.jpg


走りに関してターボ付きを選択したのもありますが、街中ではストレスなくキビキビ走り、
遅すぎてストレスを感じることは一切ありませんでした。
高速道路、首都高も流れに乗って走ることができます。追い越しも出来ます!
ターボのおかげでエンジン頑張ってます!な騒音も意外と無い。
同じ3気筒のBMW製のエンジンよりも振動もありません。
ターボ車だけに装備されるパドルシフトも大活躍でした。

足回りはゴツゴツ感、フニャフニャ感はなく、比較的柔らかめです。
コーナーでは高さがあるのでロールは大きめになりますが、不安感はありませんでした。
スーパーハイトワゴンにしては気持ちよく楽にコーナーを曲がることが出来て感心しました。
乗り心地も良く、走りもいい、昔所有した小さなカングーをほんの少しだけ思い出しました。

ホンダセンシングの事故軽減装備に関しては、幸いにも事故を起こしたり、
事故に巻き込まれそうにならず性能を実感することはありませんでした。
頻繁に前車の左折車に接近し過ぎでしまいアラートを鳴らして教えてくれるたり、
頻繁にうっかりウインカー出さずに車線をはみ出してしまいアラートを鳴らして教えてくれたり、
ボケてきたらきっと役に立つ安全装備だと思います。
出来れば、よく遭遇する「ゆっくりと信号無視」を防止する装備もあるといいと思う。

追従型のクルーズコントロールやレーンキープ機能は、高速道路をほとんど利用しなかったので
使用することはありませんでした。購入当初に1回だけ試して少し感動した記憶がありますが・・
軽自動車ですと街中メインで使用する人も多いと思うのでこれらはオプションでもいい装備なのでは?
と思いました。

メンテナンス費用に関しては先払いするメンテナンスパックを購入していたのであまりピンときませんが、
タイヤは外周長が短かく車両重量のせいか、普通車のサイズと比べて1.5倍ほど消耗は早めだと感じました。

燃費に関しては、渋滞ありの街中、渋滞無しの高速道路を半々くらい、法定速度内でキビキビ走行、
時々煽り運転あり?で、リッター18キロくらいでした。


so20201203-3.jpg

しかし、かなり気に入って乗っていたN-BOXでしたが、サヨナラすることにしました。
決してN-BOXに大きな不満があったわけではありません。

今回の1番の売却理由は高速道路の走行時の不安感です。
80キロくらいで高速道路を走行することは普通に出来ますが、やはり風が多少強めな時や
大型車に追い越される際には車両自体が揺すられて、少しばかり怖い感じがしました。
事故に巻き込まれたら・・・・この車体は本当に大丈夫なのか・・・

最近の軽自動車の良さは十分に実感しましたが、正直なところ高速道路の走行は不安です。
生活環境の変化で高速道路を使用する頻度が高くなったため、普通車に乗り換えることにしました。

日本で一番売れている?自動車?N-BOXを所有して本当に良い経験が出来ました。
日本で街中メインで使用する車では最高の車だったと思います。

今後、街中メインで使用する車が必要になったら間違いなく軽自動車を選択すると思います。

短い期間だったけど、ありがとう、ホンダ N-BOX!




nice!(1) 
共通テーマ:自動車

Nbox JF3 ターボ車 ブレーキパッド交換 [N-BOX JF3]

so20190331-14.jpg


新型Nbox JF3 ターボ車 ブレーキパッド交換

この記事はブレーキパッド交換後1年2ヶ月経過16,000キロ時に書いています。

ホイールが白でブレーキパッドによる汚れが予想されるため
ダスト低減タイプのブレーキパッドに交換。
今回も納車されてすぐに交換しました。

新型車のためかブレーキパッドの選択肢が少なかったです。(2019年3月当時)

今回はディクセルのMタイプにしました。
ターボ車とノンターボ車とでは部品が違うようです。
我が家はターボ車用を選択。
M-331440
適合欄を見るとフィットGK3と同じようです。
ディスクブレーキのフロントのみ交換です。


so20190331-2.jpg




交換作業自体は特段難しいところはありませんでした。
ピストン側にあった鳴き止めのシム?が初めて見るものだったぐらいかな…
※交換作業については自己責任でお願いします。


so20190331-4.jpg


so20190331-3.jpg


so20190331-5.jpg


so20190331-7.jpg


so20190331-11.jpg


so20190331-15.jpg


so20190331-12.jpg


so20190331-16.jpg


今までダスト低減タイプのブレーキパッドはクランツ製、プロジェクトμ製は
使用したことがありますが、今回は初めてのディクセル製。

ブレーキの効きについては、純正ブレーキがいわゆるカックンブレーキぎみなのが、
踏みはじめはじんわり効き、踏み込むとしっかりと効くタイプです。
市街地、高速道路、共に効きに不安はありません。
他メーカー製のものと同様のフィーリングです。
ブレーキコントロールがしやすく純正ブレーキよりも個人的には好きです。

ブレーキ鳴きについてですが、冷えている季節の最初の踏み初めに鳴くこと
がありましたが、ぼくは気になりません。…輸入車の方が鳴きやすかったから…

16,000キロ走行後のブレーキパッドの残量は8ミリです。
比較的、耐摩耗性は良さそうです。

洗車後500キロ走行後のホイールの汚れ具合です。

so20200503-1.jpg

ホイール自体が白のため、汚れが目立ちやすいとは思いますが、
期待していたよりは汚れると感じてます。
もっとも純正ブレーキを使ったことが無く比較は出来ませんが…

ただし、汚れ自体はダスト自体に粘り気がなく水洗いでサッと落ちます。

新型Nbox JF3のブレーキパッドをダスト低減タイプのディクセルのMタイプに
交換してみましたが、ブレーキフィーリング、耐摩耗性、洗いやすさの点から
トータル的に満足度は高いです。






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

N-BOX ドラレコ取り付け [N-BOX JF3]

so20190401-1.jpg

N-BOXにもドラレコを取り付けました。

取り付けたドラレコはユピテルで以前不具合があったDRY-FH200と交換してもらった
DRY-ST1000cです。
しばらく使われないで家の中で眠っていました。

ドラレコは2009年くらいから使用しているんですが、すべてユピテルの商品です。
万が一の保険的な記録用なので大した機能を必要としていません。
サイズがコンパクトでデザインもシンプルなので気に入っています。
値段が値段なので多くは期待していません。
最低限の撮影が出来ていればOKです。

電源はシガーソケットタイプですが、裏側に見えないように配線しました。
ヒューズBOXからアクセサリー電源がとれる20Aのヒューズ部分を利用しました。
電気の容量を多く使う予定はないので15Aの取り出し用のエーモンの配線を準備しました。
毎回この電源ソケットを使用しています。
もちろん、今まで問題が発生したことはありません。



【Amazon.co.jp 限定】エーモン 電源ソケット DC12V/24V60W以下 ヒューズ電源タイプ (1542)

【Amazon.co.jp 限定】エーモン 電源ソケット DC12V/24V60W以下 ヒューズ電源タイプ (1542)

  • 出版社/メーカー: エーモン(amon)
  • 発売日: 2019/07/19
  • メディア: Automotive





ドラレコまでの電源の配線は左の補助ミラーが付いているピラーを取り外して
配線をチョメチョメと引き上げてきました。

so20190401-2.jpg

N-BOXの内装はスペースがガラガラに空いているので楽です。

so20190401-3.jpg

走行中の異音発生の原因にならないように配線はピラーの中でクッションテープで固定しました。

so20190401-4.jpg

フロント上部部分は配線にクッションテープを数か所巻き付けてルーフラインングに押し込みました。
カメラは撮影範囲、ワイパーの拭き取り位置を確認してこんな感じに取り付け。
助手席側です。

so20190401-10.jpg

ヒューズBOXからのアクセサリー電源、アース線取り付けのため運転席側のパネル2か所を取り外しました。
エーモンの電源ソケットの配線を取り付けます。

so20190401-5.jpg


so20190401-6.jpg

アクセサリーはヒューズBOXの左〇印のここ。もともとは20Aのヒューズが付いていました。
ヒューズから出ている配線がこの向きになるように取付けましょう。
アース線は右の半〇印のところに他のアース線が付いていたので仲間に入れてもらいました。

so20190401-7.jpg

10ミリのボックスレンチ、眼鏡レンチ、スパナ等を使ってボルトを緩めてアース線の端子を割り込ませます。

so20190401-8.jpg

配線はこれだけです。
隙間だらけの内装の隙間に配線を通して、ドラレコのシガーソケットと合体。
運転席側足元上部に通した配線は数か所適当にタイラップで固定しておきました。

so20190401-9.jpg

合体部分と余った配線達は助手席側の前の奥の隙間に押し込んでおきました。
入れてしまえば、まったく目立ちません。

完成!

今回取り付けたドラレコは現在売っているのでは下のタイプに近いのかな?

GPSはついていないタイプです。
最近のソニー製のCMOSセンサー気になる。





Gセンサー付きだと・・・


ユピテルは販売先によってモデルを変えているので型番が多くて分かりにくいですね。
とにかく今回は手持ちのドラレコを付けました。
今度買うときは夜間の撮影に強いそうなソニー製CMOSセンサーのタイプがいいかなと思いました。

ドラレコが役に立つことがないことを祈ります。



nice!(0) 
共通テーマ:自動車

HONDA N-BOX JF3 はじめました [N-BOX JF3]

so20190315-2.jpg


HONDA N-BOX JF3 はじめました。

我が家のメインカーとしてホンダのN-BOXが納車されました。

ノーマルモデルのターボ車です。
昨年11月に導入されたカッパーブラウンスタイルという特別仕様車です。

新年の初売りで注文して3月の中旬に納車されました。
ターボ付モデルの方が需要が少ないのか、納期が3ヶ月弱かかかりました。

選択したモデルの一番の決め手はブラウンのインテリアカラーでした。

デザインはカスタムモデルよりノーマルモデルの方が好みでしたが、
ノーマルモデルの内装色がベージュ?薄いグレー?な点が我が家にとっては
マイナスポイントでした。

明るい内装色だと室内は広く感じますが、我が家では車の内装色は汚れの目立ちにくい
色の方がいいと思っています。

特別仕様車のカッパーブラウンスタイルでしたら、外装色は白ベースか、黒ベースの
2色の選択肢しかありませんが、内装色は標準モデルと違い、茶色になっています。
この色の内装色ならば我が家的にはOKです。
いいタイミングで特別仕様車が設定されてよかったです。

最近の軽自動車は安全装備等がてんこ盛りなので、ベーシックなナビゲーションと、
ラバー製のフロアマット、5年の延長保証、5年のメンテナンスパックを追加して、
総額200万円を超えてしまいました。

そんなこんなで、我が家では久しぶりの軽自動車の導入です。
N-BOXにはこれから頑張ってもらいましょう。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。